ユダヤ征服王朝説


ヤマト王権成立の事情を説明する学説に騎馬民族征服王朝説というものがあります。
朝鮮半島から筑紫に上陸した騎馬民族が倭国を征服してヤマト王権を打ち立てたとするものです。
新日本書紀では、騎馬民族ではなく、ユダヤ人が倭国を征服してヤマト王権を打ち立てたと考えます。
日ユ同祖論があります。
日本人とユダヤ人(古代イスラエル人)が共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説です。
日本には確かにユダヤ文化の痕跡があります。
しかし、普通の国民の遺伝子にはユダヤの痕跡が見られません。
そこで、支配者である天皇氏がユダヤ人(古代イスラエル人)と共通の先祖を持つ兄弟だと考えるのです。
日本の皇室の先祖はユダヤ人ということになります。
このユダヤ征服王朝説に立つと、
古代史の諸問題が解決でき、ひいては現在に至る歴史の意味も分かります。
古代史の諸問題解決の成果を新日本書紀で御覧下さい。


『ROOTS WORLD PRO』使用、地図製作:(株)平凡社地図出版/ROOTS製作委員会、地図編集:久保田英文



トップページへ戻る