高尾山古墳の被葬者

           
 2015年現在、古墳保存と道路建設の両立に向けた施策が検討されている
高尾山古墳(たかおさんこふん)という前方後方墳が静岡県沼津市東熊堂(ひがしくまんどう)字北方(きたかた)にあります。
この高尾山古墳は、古墳時代最初期の築造と推定され、
墳丘長が約六十二メートルで、築造当時の東日本では最大級の古墳です。
 『新日本書紀』は邪馬台国=畿内説に基づいていますが、
「魏志倭人伝」の解釈等の結果、狗奴国は九州南部に位置することになります。
ですから、『新日本書紀』からすれば、狗奴国は九州南部にあり、
高尾山古墳とは関係無いことになります。
 また、高尾山古墳は、古墳時代最初期の築造と推定されていますが、
『新日本書紀』では辛酉の年、301年に即位した神武=崇神天皇が
前方後円墳体制を創始し、古墳時代の開始は4世紀になります。
 ですから、『新日本書紀』からすると、神武=崇神紀以降の4世紀の人物から被葬者を探すことになります。
 高尾山古墳の大きさ、埋葬施設から出土した鏡(中国鏡)や高価な朱は相当な貴人であることを示しています。
 私はその貴人が彦狭島王だと考えています。
 その理由は「高尾山古墳の被葬者」と題したPDFファイルを下のリンクからダウンロードして御覧下さい。

 「高尾山古墳の被葬者」A4三枚相当    


トップページへ戻る